研究資料のダウンロードはこちらから

研究業績

検索 (検索条件を入力、または選択をして、検索ボタンを押してください)


タイトル・著者名で検索できます
研究部門 (下記より複数選択可)




1〜20件表示(全体1437件)

  • (英文原著)
    Epithelial membrane protein 1 promotes tumor metastasis by enhancing cell migration via copine-III and Rac1.
    Ahmat Amin MKB, Shimizu A, Zankov DP, Sato A, Kurita S, Ito M, Maeda T, Yoshida T, Sakaue T, Higashiyama S, Kawauchi A, Ogita H.
    Oncogene., 2018; :
    DOI:10.1038/s41388-018-0286-0.
  • (国際学会発表)
    Uhrf1 deficiency attenuates genome-wide DNA methylation and consequent specific gene expression in chondrocytes in vivo
    Yuuki Imai
    45th European Calcified Tissue Society Congress, May 26-29, 2018, Valencia, Spain
  • (国内学会発表)
    暗視野イメージング下での金ナノ粒子の散乱分光による標的分子の検出
    矢野 湧暉、二艘木 優充、矢野 雄暉、中西 文香、小川 敦司、前田 瑞夫、朝日 剛、座古 保
    第78回分析化学討論会, 2018, 5月26〜27日, 宇部市
  • (国内学会発表)
    暗視野顕微鏡を利用したナノ粒子凝集体の観察による有色サンプル中での分子検出
    矢野 雄暉、矢野 湧暉、小川 敦司、前田 瑞夫、朝日 剛、座古 保
    第78回分析化学討論会, 2018, 5月26〜27日, 宇部市
  • (国内学会発表)
    エストロゲン刺激依存的エピゲノム変化を基盤とする乳癌発生分子機構の解明
    田辺真彦,今井祐記,堀本義哉,崎山香奈,笹原麻子,石橋祐子,菊池弥寿子,西岡琴江,倉林理恵,森園亜里紗,尾辻和尊,佐藤綾花,原田真悠水,小林蓉子, 山村純子,分田貴子,瀬戸泰之,丸山玲緒
    第26回日本乳癌学会学術総会, 2018, 5月16〜18日, 京都市
  • (英文原著)
    Consequences of structural modifications in cytochrome b559 on the electron acceptor side of Photosystem II
    Nakamura M., Boussac, A. and Sugiura, M.
    Photosynth. Res., 2018; :
  • (英文総説)
    Rational Design of Artificial Riboswitches
    Atsushi Ogawa
    Applied RNA Bioscience, 2018; 1:79-93
  • (国内学会発表)
    自己抗体を指標とした乳がん早期診断バイオマーカー
    竹田浩之
    日本薬学会第138年会, 2018, 3月26日〜28日, 金沢市
  • (英文原著)
    Cullin 3 regulates ADAMs-mediated ectodomain shedding of amphiregulin.
    Nakayama H, Sakaue T, Maekawa M, Fujisaki A and Higashiyama S.
    Biochem. Biophys. Res. Commun., 2018; 499 (1):17-23
    DOI:10.1016/j.bbrc.2018.03.097
  • (邦文総説)
    エストロゲンによる骨代謝制御
    今井祐記
    愛媛医学, 2018; 37(1):1-4
  • (英文原著)
    The low spin - high spin equilibrium in the S2-state of the water oxidizing enzyme
    Boussac, A. Ugur, I., Marion, A., Sugiura, M., Kaila, V. R., and Rutherford, A. W.
    Biochim. Biophys. Acta (Bioenergetics), 2018; 1859:342-356
    DOI:doi.org/10.1016/j.bbabio.2018.02.010
  • (国内学会発表)
    運動器疾患におけるエピジェネテック治療標的の探索
    今井祐記
    愛媛大学プロテオサイエンスセンター第5回学術シンポジウム, 2018, 2月17日, 東温市
  • (英文原著)
    Phytosphingosine is a novel activator of GPR120.
    Nagasawa T, Nakamichi H, Hama Y, Higashiyama S, Igarashi Y, Mitsutake S.
    J Biochem. , 2018; :
    DOI:10.1093/jb/mvy017
  • (国内学会発表)
    前立腺癌骨転移の新規治療標的分子PCBM1の同定
    沢田雄一郎,榊原伊織,柳原裕太,佐伯法学,菊川忠彦,雑賀隆史,今井祐記
    第27回泌尿器科分子・細胞研究会, 2018, 2月2〜3日, 文京区
  • (国内学会発表)
    The HIV co-receptor CCR5 regulates cellular pathways required for osteoclast function
    Ji-Won Lee, Shunsuke Uehara, Yasuhiro Kobayashi, Yuuki Imai, Tadahiro Iimura
    第3回日本骨免疫学会ウィンターセミナー, 2018, 1月25〜27日, 軽井沢町
  • (英文原著)
    Bio-inorganic hybrid photoanodes of Photosystem II and ferricyanide-intercalated layered double hydroxide for visible-light-driven water oxidation
    Kato, M., Sato, H., Yagi, I., and Sugiura, M.
    Electrochim. Acta, 2018; 264:386-392
    DOI:https://doi.org/10.1016/j.electacta.2018.01.133
  • (国内学会発表)
    テリパラチドによる皮質骨空隙形成は投与頻度に依存する−卵巣摘除ラットのマルチスケール骨形態解析−
    高倉綾、李智媛、高尾亮子、飯村忠浩
    第37回 日本骨形態計測学会, 2017, 6月24日, 大阪市 大阪国際会議場
  • (国内学会発表)
    HIV治療薬標的分子CCR5の破骨細胞機能分化における必須の機能−CCR5を標的としたHIV治療は骨吸収性疾患に対してもメリットをもたらす可能性がある−
    李智媛、上原俊介、小林泰浩、山口朗、今井祐記、飯村忠浩
    第35回 日本骨代謝学会学術集会, 2017, 7月28日, 福岡市 ホテル日航福岡
  • (国内学会発表)
    高頻度のテリパラチド投与は皮質骨空隙形成を誘発する。−卵巣摘除ラットでの検討−
    高倉綾、李智媛、高尾亮子、飯村忠浩
    第35回 日本骨代謝学会学術集会, 2017, 7月28日, 福岡市 ホテル日航福岡
  • (競争的外部資金)
    A vaccine to block malaria transmission: Pfs230 antigen design and display
    C. Richter King
    GHIT Fund, 2017年度

先頭|前の20件|次の20件最終