研究資料のダウンロードはこちらから

研究業績

検索 (検索条件を入力、または選択をして、検索ボタンを押してください)


タイトル・著者名で検索できます
研究部門 (下記より複数選択可)




21〜40件表示(全体1426件)

  • (国際学会発表)
    PyGM75, a protein in osmiophilic bodies, is dispensable for egress of male gametocytes but important for exflagellation of microgametes.
    Mayumi Tachibana, Motomi Torii, Takafumi Tsuboi, Tomoko Ishino
    66th annual meeting of American Society of Tropical Medicine & Hygene, November 5-9, 2017, Baltimore, Maryland USA
  • (国際学会発表)
    Functional analysis of a sporozoite rhoptry protein hepatocyte infection.
    Sirasate Bantuchai, Mamoru Nozaki, Amporn Thongkukiatkul, Natcha Lorsuwannarat, Mayumi Tachibana, Kazuhiro Matsuoka, Takafumi Tsuboi, Motomi Torii, Tomoko Ishino
    66th annual meeting of American Society of Tropical Medicine & Hygene, November 5-9, 2017, Baltimore, Maryland USA
  • (英文原著)
    A male gametocyte osmiophilic body and microgamete surface protein of the rodent malaria parasite Plasmodium yoelii (PyMiGS) plays a critical role in male osmiophilic body formation and exflagellation.
    Tachibana M, Ishino T, Takashima E, Tsuboi T, Torii M
    Cell Microbiol, 2017; :
  • (邦文総説)
    軟骨・骨の組織病理学的解析における2光子励起顕微鏡の応用
    飯村忠浩
    CLINICAL CALCIUM, 2015; 25:91-98
  • (国内学会発表)
    骨代謝のマルチモードイメージング解析
    飯村忠浩
    平成29年度日本顕微鏡学会関西支部特別講演会, 2017, 10月14日, 金沢市 石川県女性センター大会議室
  • (英文原著)
    DANFIN functions as an inhibitor of transcription factor NF-κB and potentiates the antitumor effect of bortezomib in multiple myeloma
    Uematsu A, Kido K, Manabe E, Takeda H, Takahashi H, Hayashi M, Imai Y, Sawasaki T.
    BBRC, 2018; 495(3):2289–2295
    DOI:10.1016/j.bbrc.2017.12.142
  • (国内学会発表)
    産学および分野横断連携研究の取り組みと成果
    飯村忠浩
    第71回日本口腔科学会学術集会, 2017, 4月28日, 松山市 ひめぎんホール
  • (国内学会発表)
    先進光学顕微鏡の骨形態計測法への応用展開
    飯村忠浩
    第122回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2017, 3月28日, 長崎市 長崎大学坂本キャンパス
  • (国内学会発表)
    Roles of Chemokine-mediated signaling in architectual funstion of osteoclasts
    李智媛、星野昭芳、井上和樹、上原俊輔、小林康浩、山口朗、今井祐記、飯村忠浩
    第34回日本骨代謝学会学術集会・第3回アジア太平洋骨代謝会議 若手シンポジウム 基礎, 2016, 7月22日, 大阪市 大阪国際会議場
  • (国際学会発表)
    Proteomics workflow using dissolvable polyacrylamide gels
    Takemori A, Takemori N, Wongkongkathep P, Nshanian M, Loo RRO, Lermyte F, Wu S, Loo JA.
    Twelfth International Symposium on Mass Spectrometry in the Health & Life Science: Molecular & Cellular Proteomics, Aug 20-24, 2017, San Francisco
  • (国際学会発表)
    Multiple QconCAT biosynthesis in a cell-free protein synthesis system
    Takemori N, Takemori A, Tanaka Y, Endo Y, Hurst JL, Gómez-Baena G, Harman VM, Beynon RJ
    Twelfth International Symposium on Mass Spectrometry in the Health & Life Science: Molecular & Cellular Proteomics, Aug 20-24, 2017, San Francisco
  • (国際学会発表)
    Targeted Proteomics of Tomato Glandular Trichomes using Selected Reaction Monitoring
    Takemori A, Nakata K, Nakajima T, Nonami H, Takemori N
    7th Asia-Oceania Mass Spectrometry Conference, Dec 11-13, 2017, Singapore
  • (受賞)
    第37回 日本骨形態計測学会 学術奨励賞
    高倉 綾
    テリパラチドによる皮質骨空隙形成は投与頻度に依存する〜卵巣摘除ラットのマルチスケール骨形態解析〜, 2017年
  • (受賞)
    第37回 日本骨形態計測学会 若手研究者
    高倉 綾
    テリパラチドによる皮質骨空隙形成は投与頻度に依存する〜卵巣摘除ラットのマルチスケール骨形態解析〜, 2017年
  • (国内学会発表)
    ドラッグ・リポジョショニングとプロテオ創薬 による骨代謝改善標的分子の探索
    飯村忠浩
    第410/411回 北海道歯学会例会, 2017, 12月7日, 札幌市 北海道大学大学院歯学研究院・歯学部C棟
  • (国内学会発表)
    HIV治療標的分子CCR5の 骨代謝における役割
    飯村忠浩
    北海道大学 遺伝子病制御研究所 血管生物学セミナー, 2017, 11月1日, 札幌市 北海道大学大学院医学研究院・医学部北棟
  • (国際学会発表)
    Top-down Mass Spectrometry using BAC-PAGE
    Takemori N
    7th Asia-Oceania Mass Spectrometry Conference, Dec 11-13, 2017, Singapore
  • (国内学会発表)
    運動器研究における組織・細胞の形態学的観察法−私なら、こうする−
    飯村忠浩
    日本骨代謝学会 Skeletal Science Retreat, 2017, 11月26日, 倉敷市 倉敷シーサイドホテル
  • (国内学会発表)
    マウスジェネティクスを用いたHIV感染患者の骨病態解明
    飯村忠浩 李智媛
    第59回歯科基礎医学会学術大会, 2017, 9月16日, 塩尻市 松本歯科大学キャンパス
  • (国内学会発表)
    超解像イメージングによる骨系細胞の微細構造と動態機能解析
    飯村忠浩
    第44回日本臨床バイオメカニクス学会, 2017, 11月24日, 松山市 松山市総合コミュニティセンター

先頭前の20件次の20件最終