研究資料のダウンロードはこちらから

研究業績

検索 (検索条件を入力、または選択をして、検索ボタンを押してください)


タイトル・著者名で検索できます
研究部門 (下記より複数選択可)




501〜520件表示(全体1446件)

  • (英文原著)
    Sox5 and c-Maf cooperatively induce Th17 cell differentiation via RORγt induction as downstream targets of Stat3.
    Tanaka S, Suto A, Iwamoto T, Kashiwakuma D, Kagami S, Suzuki K, Takatori H, Tamachi T, Hirose K, Onodera A, Suzuki J, Ohara O, Yamashita M, Nakayama T, Nakajima H.
    J Exp Med., 2014; 211:1857-74
    DOI:10.1084/jem.20130791.
  • (国際学会発表)
    Inhibition of a cholesterol regulator, Srebp2, prevents RANKL-induced bone loss
    Kazuki Inoue, Yuuki Imai
    4th Joint Meeting ECTS and IBMS, April 25-28, 2015, Rotterdam
  • (著書)
    骨ペディア 骨疾患・骨代謝キーワード辞典
    今井祐記
    1, 東京, 羊土社, 328, 2015年
  • (邦文総説)
    運動器組織における性ホルモン受容体による遺伝子発現の制御機構
    今井祐記
    CLINICAL CALCIUM, 2015; 25(8):51-56
  • (英文原著)
    A novel function of interferon regulatory factor-1: inhibition of Th2 cells by down-regulating the Il4 gene during Listeria infection.
    Maruyama S, Kanoh M, Matsumoto A, Kuwahara M, Yamashita M, Asano Y.
    Int Immunol., 2015; 27:143-52
    DOI:10.1093/intimm/dxu092
  • (英文原著)
    Hydroxylation of Methylated DNA by TET1 in Chondrocyte Differentiation of C3H10T1/2 Cells.
    Ito R, Shimada H, Yazawa K, Sato I, Imai Y, Sugawara A, Yokoyama A.
    Biochem Biophys Rep, 2016; 5:134-140
    DOI:10.1016/j.bbrep.2015.11.009
  • (著書)
    Musculoskeletal Research and Basic Science
    Yuuki Imai
    1st, Switzerland, Springer, 788, 2016年
  • (国内学会発表)
    コムギ無細胞タンパク質合成法が拓く次世代マラリア研究
    高島英造
    岡山大学医歯薬学総合研究科、第9回異分野キャリアを持つ医療系生命科学研究者育成支援事業セミナー, 2015, 3月13日, 岡山市
  • (国内学会発表)
    ポストゲノムマラリアワクチン研究は宿主寄生体関係の総体的理解につながる
    坪井敬文
    第88回日本生化学会大会・第38回日本分子生物学会年会合同大会, 2015, 12月1〜4日, 神戸市
  • (競争的外部資金)
    ウガンダにおけるマラリアワクチンの臨床研究拠点形成
    堀井俊宏
    途上国におけるイノベーションを促進する国際協力の戦略的推進, 2012年度
  • (競争的外部資金)
    Accelerating Development of Vaccines for Malaria Elimination Using a Novel Clinical Target Validation Approach
    David Kaslow
    GHIT Fund, 2013年度
  • (競争的外部資金)
    Accelerating Development of Transmission-Blocking Vaccines for Malaria Elimination Using a Novel Vaccine Candidate
    Ashley Birkett
    GHIT Fund, 2014年度
  • (競争的外部資金)
    Development of serological biomarkers as indicators of recent and asymptomatic infections for innovative tools to accelerate malaria elimination
    Ivo Mueller
    GHIT Fund, 2015年度
  • (科学研究費)
    防御免疫を有する感染者血清を用いたマラリアワクチン候補抗原の探索
    坪井敬文
    基盤研究B海外, 2012年度
  • (科学研究費)
    1900種の組換えマラリア原虫タンパク質を用いたワクチン候補抗原スクリーニング
    森田将之
    若手研究B, 2014年度
  • (科学研究費)
    共生非依存的に進化したオルガネラによるマトリョーシカ化機構
    金子 修
    新学術, 2011年度
  • (科学研究費)
    マラリア流行ホットスポットのサーベイランス技術の開発
    坪井敬文
    基盤研究B海外, 2015年度
  • (科学研究費)
    分子機能に立脚した熱帯熱マラリア赤血球期ワクチン候補抗原の探索
    坪井敬文
    基盤研究A, 2014年度
  • (科学研究費)
    リバースケミカルジェネティクスによるマラリア赤血球侵入分子機構の解析
    坪井敬文
    挑戦的萌芽, 2014年度
  • (国際学会発表)
    Pre-erythrocytic vaccines for malaria elimination
    Takafumi Tsuboi
    Malaria R&D in a Time of Global Partnerships, June 26, 2015, Tokyo

先頭前の20件次の20件最終