研究資料のダウンロードはこちらから

研究業績

検索 (検索条件を入力、または選択をして、検索ボタンを押してください)


タイトル・著者名で検索できます
研究部門 (下記より複数選択可)




501〜520件表示(全体1513件)

  • (国内学会発表)
    Global Health Innovation through Partnership
    坪井敬文
    第55回日本熱帯医学会大会・第29回日本国際保健医療学会学術大会合同大会, 2014, 11月1〜3日, 東京都
  • (国内学会発表)
    広視野で深部観察を可能にする2光子励起ライトシート顕微鏡の開発
    大嶋 佑介
    第4回 蛍光イメージング・ミニシンポジウム, 2015, 7月31日, 北海道大学
  • (国内学会発表)
    ラマン分光法によるがん細胞の分子計測技術とがん診断への応用
    大嶋佑介
    日本がん分子標的治療学会第19回学術集会テクニカルセミナー, 2015, 6月11日, 松山全日空ホテル
  • (国内学会発表)
    多光子励起顕微鏡の先進医学応用
    今村健志,大嶋佑介,齋藤卓
    第35 回日本骨形態計測学会シンポジウム, 2015, 6月5日, 倉敷市芸文館
  • (国内学会発表)
    第二次高調波発生(SHG)イメージングによる軟骨変性の定量的・組織学的評価法の開発
    大嶋佑介,清松悠,齋藤卓,三浦裕正,飯村忠浩,今村健志
    第35 回日本骨形態計測学会シンポジウム, 2015, 6月5日, 倉敷市芸文館
  • (国内学会発表)
    Changes in chemical composition of bone matrix in osteoporosis detected by Raman spectroscopy and multivariate analysis,
    大嶋 佑介
    1st Raman Bio-sensing Seminar, 2015, 1月20日, 関西学院会館
  • (邦文総説)
    TGF-β/Smad経路
    今村健志,大嶋佑介
    生命の科学, 2015; 66:424-425
  • (邦文総説)
    生体光イメージング
    今村健志、大嶋佑介、齋藤卓
    実験医学, 2015; 33:1674-1680
  • (邦文総説)
    イメージング技術を駆使した運動器疾患研究
    今村健志、大嶋佑介
    CLINICAL CALCIUM, 2015; 25:1175-1181
  • (邦文総説)
    図説:バイオイメージングとがん分子標的治療
    今村健志、大嶋佑介、齋藤卓
    日本臨床, 2015; 73:1246-1249
  • (邦文総説)
    光シート顕微鏡
    大嶋 佑介
    病理と臨床, 2015; 33:771-776
  • (邦文総説)
    共焦点レーザー顕微鏡と多光子励起顕微鏡
    今村健志、大嶋佑介
    病理と臨床, 2015; 33:639-645
  • (国内学会発表)
    蛍光細胞イメージングと骨形態計測で見る骨代謝におけるケモカインシグナルの役割
    李 智媛
    歯科基礎学会, 2015, 9月11日〜12日, 新潟
  • (国内学会発表)
    Roles of CCR5, a co-receptor of HIV, in regulation of functional motility of osteoclasts
    李 智媛
    骨免疫学会, 2015, 6月30日〜7月2日, 宮古島
  • (国内学会発表)
    Roles of C-C chemokine receptor 5, a co-receptor of HIV, -mediated signal in locomotion of osteoclasts and bone resorption
    李 智媛
    日本骨代謝学会, 2015, 7月23日〜25日, 東京
  • (国際学会発表)
    C-C chemokine receptor 5, a co-receptor of HIV, -mediated signal regulates bone resorption via locomotion of osteoclasts
    Lee JW.
    ASBMR, October 9-12, 2015, Seattle
  • (国際学会発表)
    Quantitative illumination on bone histology and cell biology by fluorescence imaging
    Lee JW.
    International Bio Imaging, February 15, 2015, Okayama
  • (国際学会発表)
    Super-resolution analysis of cell cycle phase-dependent phosphorylation of Smads
    Lee JW.
    TGFbeta symposium, January 11-14, 2015, Tsukuba
  • (英文原著)
    Reversible interconversion and maintenance of mammary epithelial cell characteristics by the ligand-regulated EGFR system
    Shinji Fukuda, Hisayo Nishida-Fukuda, Daisuke Nanba, Koh-ichi Nakashiro, Hironao Nakayama, Hiroyuki Kubota, Shigeki Higashiyama
    Scientific Reports, 2016; 6:20209
    DOI:10.1038/srep20209
  • (国内学会発表)
    セマフォリン3FはAkt/mTORシグナルを介して脳腫瘍増殖・血管新生を阻害する
    中山寛尚, Sarah Bruneau, Nora Kochupurakkal, Silvia Coma, David M. Briscoe, Michael Klagsbrun, 東山繁樹
    第23回日本血管生物医学会学術集会, 2015, 12月10-12日, 神戸市

先頭前の20件次の20件最終