研究資料のダウンロードはこちらから

研究業績

検索 (検索条件を入力、または選択をして、検索ボタンを押してください)


タイトル・著者名で検索できます
研究部門 (下記より複数選択可)




521〜540件表示(全体1513件)

  • (国内学会発表)
    血管内皮細胞におけるCUL3の機能解析
    坂上倫久、東山繁樹
    第23回日本血管生物医学会学術集会, 2015, 12月10-12日, 神戸市
  • (国内学会発表)
    CUL3は様々なEGF受容体タンパク質の発現を制御する
    上杉恭広、深江舜也、宇都宮果歩、坂上倫久、中山寛尚、福田信治、泉谷裕則、東山繁樹
    第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会, 2015, 12月1-4日, 神戸市
  • (国内学会発表)
    AlphaScreenアッセイシステムを用いた新規Nrf2結合 BTBドメインタンパク質の解析
    宇都宮果歩、上杉恭広、深江舜也、藤崎亜耶子、坂上倫久、高橋宏隆、澤崎達也、東山繁樹
    第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会, 2015, 12月1-4日, 神戸市
  • (国内学会発表)
    AlphaScreenを用いたCUL3複合体解析システムの構築
    藤崎亜耶子、宇都宮果歩、上杉恭広、深江舜也、坂上倫久、高橋宏隆、澤崎達也、東山繁樹
    第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会, 2015, 12月1-4日, 神戸市
  • (国内学会発表)
    CUL3結合タンパク質であるKLHL20はEGFR の発現を制御する
    深江舜也、上杉恭広、宇都宮果歩、坂上倫久、泉谷裕則、東山繁樹
    第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会, 2015, 12月1-4日, 神戸市
  • (国内学会発表)
    セマフォリン3FによるmTORシグナル阻害効果の解析と応用
    中山寛尚, Sarah Bruneau, Nora Kochupurakkal, Silvia Coma, David M. Briscoe, Michael Klagsbrun, 東山繁樹
    第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会, 2015, 12月1-4日, 神戸市
  • (国内学会発表)
    軸索誘導因子セマフォリン3FによるmTORシグナル阻害メカニズム解析
    中山寛尚, 東山繁樹
    第74回日本癌学会学術総会, 2015, 10月8-10日, 名古屋市
  • (国内学会発表)
    The change in ectodomain shedding of proHB-EGF associated with phenotypic transition of breast tumor cells
    Kawamura Y, Tanaka S, Nanba D, and Higashiyama S
    第 74 回日本癌学会学術総会, 2015, 10月8-10日, 名古屋市
  • (国内学会発表)
    Formation of inflammatory memory by T cell senescence.
    山下政克
    Organ Memory and Vasculo-Metabolic Niche International Symposium, 2015, 8月23日, 東京都
  • (国内学会発表)
    セマフォリン3FはmTORシグナルを阻害する
    中山寛尚, Sarah Bruneau, Nora Kochupurakkal, Silvia Coma, David M. Briscoe, Michael Klagsbrun, 東山繁樹
    第56回日本生化学会中国・四国支部例会, 2015, 5月29-30日, 松江市
  • (国内学会発表)
    ヒト無細胞プロテインアレイを用いた乳がん特異的自己抗体バイオマーカーの探索
    澤崎達也
    第74回日本癌学会学術総会学会, 2015, 10月8日〜10月11日, 名古屋国際会議場
  • (英文原著)
    Rotation is the primary motion of paired human epidermal keratinocytes.
    Tate S, Imai M, Matsushita N, Nishimura EK, Higashiyama S, Nanba D.
    J Dermatol Sci., 2015; 79:194-202
    DOI:10.1016/j.jdermsci.2015.05.008
  • (英文原著)
    Cell motion predicts human epidermal stemness.
    Nanba D, Toki F, Tate S, Imai M, Matsushita N, Shiraishi K, Sayama K, Toki H, Higashiyama S, Barrandon Y.
    J Cell Biol., 2015; 209:305-15
    DOI:10.1083/jcb.201409024
  • (英文原著)
    Long‑term exposure to leptin enhances the growth of prostate cancer cells.
    Noda T, Kikugawa T, Tanji N, Miura N, Asai S, Higashiyama S, Yokoyama M.
    Int J Oncol., 2015; 46:1535-42
    DOI:10.3892/ijo.2015.2845
  • (英文原著)
    Regulation of mTOR Signaling by Semaphorin 3F-Neuropilin 2 Interactions In Vitro and In Vivo.
    Nakayama H, Bruneau S, Kochupurakkal N, Coma S, Briscoe DM, Klagsbrun M.
    Sci Rep., 2015; 5:11789
    DOI:10.1038/srep11789
  • (英文原著)
    Infantile hemangioma-derived stem cells and endothelial cells are inhibited by class 3 semaphorins.
    Nakayama H, Huang L, Kelly RP, Oudenaarden CR, Dagher A, Hofmann NA, Moses MA, Bischoff J, Klagsbrun M.
    Biochem Biophys Res Commun., 2015; 464:126-32
    DOI:10.1016/j.bbrc.2015.06.087
  • (英文原著)
    Occurrence of trans monounsaturated and polyunsaturated fatty acids in Colwellia psychrerythraea strain 34H
    Hashimoto M, Orikasa Y, Hayashi H, Watanabe K, Yoshida K, and Okuyama H
    J. Basic Microbiol. , 2015; 55:838-845
    DOI:10.1002/jobm.201400815
  • (特許)
    タンパク質の保存法
    武森信暁, 武森文子, 愛媛大学
    特願2014-58219, 2014/03/20, 国内
  • (邦文総説)
    選択反応モニタリングを用いるタンパク質定量法
    武森信曉
    生化学, 2015; 87:636-641
  • (国内学会発表)
    Chromatin remodeling during osteoclast differentiation determined by DNase-seq.
    Yuuki Imai,Kazuki Inoue
    第38回日本分子生物学会年会/第88回日本生化学会大会 合同大会, 2015, 12月1日~4日, 神戸市

先頭前の20件次の20件最終