研究資料のダウンロードはこちらから

研究業績

検索 (検索条件を入力、または選択をして、検索ボタンを押してください)


タイトル・著者名で検索できます
研究部門 (下記より複数選択可)




541〜560件表示(全体1649件)

  • (邦文総説)
    骨細胞のin situ 蛍光計測による機能解析
    飯村忠浩
    O.li.ve.−骨代謝と生活習慣病の連関−, 2015; 5:No.2, p55
  • (国内学会発表)
    超解像顕微鏡の生物医学応用「ここまで微細に、こんなに綺麗に見える!」
    飯村忠浩
    第57回 日本組織細胞化学会総会・学術集会 共催ワークショップ「広がる超解像顕微鏡の世界」, 2016, 9月4日, 東京都 杏林大学 井の頭キャンパス
  • (国内学会発表)
    硬組織の形態・機能解析のための光学顕微鏡のマルチモードな活用法−微分干渉から先進レーザー顕微鏡の応用例−
    飯村忠浩  李智媛
    第58回 歯科基礎医学会学術大会 ランチョンセミナー, 2016, 8月25日, 札幌市 札幌コンベンションセンター
  • (国内学会発表)
    マルチモーダル超解像法を用いた骨系細胞の機能解析
    飯村忠浩 李智媛
    第58回 歯科基礎医学会学術大会 メインシンポジウムA 「アプライドイメージング−先進イメージングによる生命医学のブレークスルー」, 2016, 8月25日, 札幌市 札幌コンベンションセンター
  • (国内学会発表)
    機能的生細胞イメージングとオミクス解析による破骨細胞調節機能の解明
    李智媛 飯村忠浩
    第58回 歯科基礎医学会学術大会 サテライトシンポジウム10「機能と形態の統合的アプローチによる血管・唾液腺・骨の共創的研究」, 2016, 8月25日, 札幌市 札幌コンベンションセンター
  • (国内学会発表)
    副甲状腺ホルモン:PTHの分子シグナルと薬理効果
    飯村忠浩
    第34回日本骨代謝学会学術集会 / 第3回アジア太平洋骨代謝学会議 ランチョンセミナー2-2, 2016, 7月22日, 大阪市 大阪国際会議場
  • (国内学会発表)
    副甲状腺ホルモン:PTHの基礎生物医学−最近の知見から−
    飯村忠浩
    第 35 回長崎骨粗鬆症研究会, 2016, 6月29日, 長崎市 長崎県医師会館
  • (国内学会発表)
    Essential role of C-C chemokine-mediated signaling in mature osteoclast function
    李智媛 飯村忠浩
    第7回 骨バイオサイエンス研究会, 2016, 6月4日, 岡山市 岡山コンベンションセンター
  • (国内学会発表)
    医理工融合研究センターにおける学際的研究の推進−異分野融合は異文化融合−
    飯村忠浩
    第70回 日本口腔科学会学術集会 第10回教育研修会「歯科医学の多様性 歯学からの情報発信」, 2016, 4月16日, 福岡市 福岡国際会議場
  • (国内学会発表)
    骨形成の超解像イメージング解析
    飯村忠浩
    第121回 日本解剖学会総会・全国学術集会 シンポジウム6 石灰化研究の新展開, 2016, 3月28日, 福島県郡山市 ビッグパレットふくしま
  • (国際学会発表)
    C-C chemokine receptor 5, a co-receptor of HIV, -mediated signal is required for geometric architecture and function of osteoclasts, thus for RANKL-induced bone destruction
    Lee JW
    43rd Annual European Calcified Tissue Society Congress, 14-17 May, 2016, Rome, Italy
  • (英文原著)
    Osteopontin deficiency reduces kidney damage from hypercholesterolemia in Apolipoprotein E-deficient mice.
    Pei Z, Okura T, Nagao T, Enomoto D, Kukida M, Tanino A, Miyoshi K, Kurata M, Higaki J.
    Sci Rep., 2016; 6:28882
    DOI:10.1038/srep28882
  • (英文原著)
    Plasma thrombin-cleaved osteopontin as a potential biomarker of acute atherothrombotic ischemic stroke.
    Ozaki S, Kurata M, Kumon Y, Matsumoto S, Tagawa M, Watanabe H, Ohue S, Higaki J, Ohnishi T.
    Hypertens Res., 2016; :
    DOI:10.1038/hr.2016.110
  • (英文原著)
    Familial Mediterranean fever is no longer a rare disease in Japan.
    Migita K, Izumi Y, Jiuchi Y, Iwanaga N, Kawahara C, Agematsu K, Yachie A, Masumoto J, Fujikawa K, Yamasaki S, Nakamura T, Ubara Y, Koga T, Nakashima Y, Shimizu T, Umeda M, Nonaka F, Yasunami M, Eguchi K, Yoshiura K, Kawakami A.
    Arthritis Res Ther., 2016; 18:175
    DOI:10.1186/s13075-016-1071-5
  • (英文原著)
    Multiple Serum Cytokine Profiling to Identify Combinational Diagnostic Biomarkers in Attacks of Familial Mediterranean Fever.
    Koga T, Migita K, Sato S, Umeda M, Nonaka F, Kawashiri SY, Iwamoto N, Ichinose K, Tamai M, Nakamura H, Origuchi T, Ueki Y, Masumoto J, Agematsu K, Yachie A, Yoshiura K, Eguchi K, Kawakami A.
    Medicine (Baltimore)., 2016; 95:e3449
    DOI:10.1097/MD.0000000000003449
  • (英文原著)
    IL-18 serum concentration is markedly elevated in typical familial Mediterranean fever with M694I mutation and can distinguish it from atypical type.
    Yamazaki T, Shigemura T, Kobayashi N, Honda K, Yazaki M, Masumoto J, Migita K, Agematsu K
    Mod Rheumatol., 2016; 26:315-317
    DOI:10.3109/14397595.2014.988861
  • (英文原著)
    Novel heterozygous C243Y A20/TNFAIP3 gene mutation is responsible for chronic inflammation in autosomal-dominant Behçets disease.
    Shigemura T, Kaneko N, Kobayashi N, Kobayashi K, Takeuchi Y, Nakano N, Masumoto J, Agematsu K.
    RMD Open, 2016; 2:e000223
    DOI:10.1136/rmdopen-2015-000223
  • (英文原著)
    Six1 homeoprotein drives myofiber type IIA specialization in soleus muscle.
    Sakakibara I, Wurmser M, Dos Santos M, Santolini M, Ducommun S, Davaze R, Guernec A, Sakamoto K, Maire P.
    Skelet Muscle., 2016; 6(1):30
    DOI:10.1186/s13395-016-0102-x
  • (国内学会発表)
    ポストゲノム生化学研究:マラリアワクチン研究の突破口
    坪井敬文、高島英造、森田将之
    第89回日本生化学会大会, 2016, 9月25日〜27日, 仙台市
  • (国際学会発表)
    Approaches to malaria vaccine development.
    Tsuboi T
    Workshop on Tools for Malaria Eradication, June 6, 2016, Yokohama

先頭前の20件次の20件最終