研究資料のダウンロードはこちらから

研究業績

検索 (検索条件を入力、または選択をして、検索ボタンを押してください)


タイトル・著者名で検索できます
研究部門 (下記より複数選択可)




41〜60件表示(全体1636件)

  • (受賞)
    平成30年度日本プロテオーム学会奨励賞
    武森信暁
    コムギ無細胞合成法を利用した標準ペプチド多重共発現系の開発と定量プロテオミクスへの応用, 2018年
  • (国際学会発表)
    High-speed recovery workflow for electrophoretically separated proteins in polyacrylamide gels and its applications to mass spectrometry
    Takemori A, Harman VM, Brownridge P, Loo JA, Loo RRO, Beynon RJ, Takemori N
    17th Human Proteome Organization World Congress, September 30-October 3, 2018, Orlando, Florida, USA
  • (国際学会発表)
    A multiplexed co-synthesis system for stable isotope-labeled peptide standards using wheat germ cell-free synthesis and its application to quantitative proteomics (JPrOS Award Lecture)
    N Takemori
    Mass Spectrometry and Proteomics 2018, May 17, 2018, Osaka
  • (邦文総説)
    コムギ無細胞合成法を利用した標準ペプチド多重共発現系の開発と定量プロテオミクスへの応用
    武森信暁
    Proteome Letters, 2018; 3:23-30
  • (著書)
    がん転移学(下)
    今村健志、齋藤卓、川上良介
    初版, , 日本臨牀社, , 2017年
  • (著書)
    次世代がん治療〜発症・転移メカニズムからがん免疫療法・ウイルス療法、診断法まで〜
    今村健志、齋藤卓
    初版, , NTS inc., , 2017年
  • (英文原著)
    DANFIN functions as an inhibitor of transcription factor NF-κB and potentiates the antitumor effect of bortezomib in multiple myeloma.
    Uematsu A, Kido K, Manabe E, Takeda H, Takahashi H, Hayashi M, Imai Y, Sawasaki T.
    Biochem Biophys Res Commun. , 2018; 495:2289-2295
    DOI:10.1016/j.bbrc.2017.12.142
  • (英文原著)
    Identification of new abscisic acid receptor agonists using a wheat cell-free based drug screening system.
    Nemoto K, Kagawa M, Nozawa A, Hasegawa Y, Hayashi M, Imai K, Tomii K, Sawasaki T.
    Sci Rep., 2018; 8:4268
    DOI:10.1038/s41598-018-22538-9
  • (英文原著)
    The ubiquitin ligase RNF38 promotes RUNX1 ubiquitination and enhances RUNX1-mediated suppression of erythroid transcription program.
    Yonezawa T, Takahashi H, Shikata S, Sawasaki T, Kitamura T, Goyama S.
    Biochem Biophys Res Commun., 2018; 505:905-909
    DOI:10.1016/j.bbrc.2018.10.006
  • (英文原著)
    The Ring-type E3 Ubiquitin Ligase JUL1 Targets the VQ-motif Protein JAV1 to Coordinate Jasmonate Signaling.
    Ali MRM, Uemura T, Ramadan A, Adachi K, Nemoto K, Nozawa A, Hoshino R, Abe H, Sawasaki T, Arimura GI.
    Plant Physiol. , 2018; :
    DOI:10.1104/pp.18.00715
  • (国内学会発表)
    くすりはタンパク質を狙う
    澤崎達也
    第91回日本薬理学会年会/第 18 回国際薬理学・臨床薬理学会議(WCP2018)|市民公開講座, 2018, 7月1日〜6日, 京都市
  • (国内学会発表)
    コムギ無細胞系を基盤とした薬剤開発技術
    澤崎達也
    第18回 日本蛋白質科学会, 2018, 6月26〜28日, 新潟市
  • (国内学会発表)
    コムギ無細胞プロテインアレイを活用した植物チロシンキナーゼTAGKの発見と生物学的役割の解析
    澤崎達也
    第2回 数理シグナル公開シンポジウム, 2018, 2月10日, 東京都港区
  • (邦文総説)
    チロシンリン酸化によるジベレリン応答の新しい制御機構.
    根本圭一郎、澤崎達也
    バイオインダストリー, 2018; 76:232-225
  • (英文原著)
    Konjac ceramide (kCer) regulates keratinocyte migration by Sema3A-like repulsion mechanism
    Usuki S, Tamura N, Tamura T, Higashiyama S, Tanji K, Mitsutake S, Inoue A, Aoki J, Mukai K, Igarashi Y.
    Biochemistry and Biophysics Reports, 2019; 17:132-138
    DOI:10.1016/j.bbrep.2018.11.004
  • (国内学会発表)
    Development of optical imaging techniques in BMP signaling and cancer research
    今村健志
    12th International BMP Conference, 2018, 10月24日, Ito Hall, Ito International Research Center (The University of Tokyo)
  • (国内学会発表)
    がん研究におけるバイオイメージング技術の進歩
    今村健志
    第77回日本癌学会学術総会, 2018, 9月29日, 大阪国際会議場
  • (国内学会発表)
    グラント獲得の可能性を僅かにでも上げるためには
    今村健志
    第36回日本骨代謝学会学術集会, 2018, 7月26日, 長崎ブリックホール
  • (国内学会発表)
    がん細胞とリンパ管の生体内蛍光イメージング
    今村健志
    第42回日本リンパ学会総会, 2018, 6月22日, アートホテル弘前シティー
  • (邦文総説)
    魚類個体発生で観察される周期的な細胞周期進行波  ―イメージングと数理モデルで隠れたパターンを推定する
    齋藤卓・今村健志
    実験医学 増刊, 2017; 35:187-191

先頭前の20件次の20件最終