研究資料のダウンロードはこちらから

研究業績

検索 (検索条件を入力、または選択をして、検索ボタンを押してください)


タイトル・著者名で検索できます
研究部門 (下記より複数選択可)




41〜60件表示(全体1649件)

  • (国内学会発表)
    コムギ胚芽無細胞系を用いたヒトデcaspase-3/9とsfApaf-1の合成
    高岡幸恵、竹田浩之、岩崎隆宏、澤崎達也、千葉和義
    第41回分子生物学会年会, 2018, 11月28〜30日, 横浜
  • (国内学会発表)
    人工デザイン膜タンパク質抗原を用いたClaudin-5細胞領域結合抗体の開発
    橋本洋祐、Wei Zhou、浜内孝太郎、白倉圭佑、土居健史、八木清仁、澤崎達也、岡田欣晃、近藤昌夫、竹田浩之
    第41回分子生物学会年会 , 2018, 11月28〜30日, 横浜
  • (国内学会発表)
    マウス嗅覚受容体のコムギ胚芽無細胞タンパク質合成系による発現およびリガンド結合解析
    浅川 賢史、福谷 洋介、竹田 浩之、松波 宏明、養王田 正文
    第41回分子生物学会年会, 2018, 11月28〜30日, 横浜
  • (国内学会発表)
    愛媛県産サメを用いた抗Venus VNARの開発と性状解析
    善家 弘貴、成田 公義、武智 昭彦、小澤 龍彦、岸本 聡、伊東 祐二、澤崎 達也、竹田 浩之
    第41回分子生物学会年会, 2018, 11月28〜30日, 横浜
  • (国内学会発表)
    チロシンホスファターゼプロテインアレイを用いた新規カスパーゼ標的基質の探索
    岩崎 隆宏、竹田 浩之
    第41回分子生物学会年会 , 2018, 11月28〜30日, 横浜
  • (国内学会発表)
    24,000ヒトプロテインアレイとAlphaScreenを用いた創薬標的探索技術
    竹田浩之
    第9回スクリーニング学研究会, 2018, 11月30日, 船橋
  • (国際学会発表)
    Cell-free Synthesized Proteoliposome; a New Tool for Antibody Development against Integral Membrane Proteins.
    Hiroyuki Takeda
    World Gene Congress 2018, November 12-15, 2018, Singapore
  • (国際学会発表)
    Accelerate drug discovery by cell-free technology
    Hiroyuki Takeda
    Protein Island Matsuyama (PIM) 2018 International Symposium, September 12, 2018, Matsuyama
  • (英文原著)
    Production of Immunizing Antigen Proteoliposome Using Cell-Free Protein Synthesis System
    Wei Zhou, Hiroyuki Takeda
    Methods in molecular biology, 2018; 1868:49-67
    DOI:10.1007/978-1-4939-8802-0_7
  • (英文原著)
    Autoantibody Profiling Using Human Autoantigen Protein Array and AlphaScreen: Methods and Protocols
    Hiroyuki Takeda
    Methods in molecular biology, 2018; 1868:93-112
    DOI:10.1007/978-1-4939-8802-0_10
  • (国際学会発表)
    Development of a strictly controlled inducible gene expression system for plastids by using synthetic riboswitches
    Rika Yamane, Atsushi Ogawa, Yuzuru Tozawa, Takashi Shiina, Yoichi Nakahira
    Gordon Research Conference (Chloroplast Biotechnology 2019), January 6-11, 2019, Ventura, CA, USA
  • (国内学会発表)
    人工デザイン膜タンパク質抗原を用いたClaudin-5細胞外領域結合抗体の開発
    橋本 洋佑、Zhou Wei、浜内 孝太郎、白倉 圭佑、土井 健史、八木 清仁、澤崎 達也、岡田 欣晃、近藤 昌夫、竹田 浩之
    第13回無細胞生命科学研究会, 2019, 10月26〜27日, 松山
  • (英文原著)
    H2 drives metabolic rearrangements in gas-fermenting Clostridium autoethanogenum
    Valgepea K, de Souza Pinto Lemgruber R, Abdalla T, Binos S, Takemori N, Takemori A, Tanaka Y, Tappel R, Köpke M, Simpson SD, Nielsen LK, Marcellin E.
    Biotechnol Biofuels, 2018; 11:55
    DOI:10.1186/s13068-018-1052-9
  • (受賞)
    平成30年度日本プロテオーム学会奨励賞
    武森信暁
    コムギ無細胞合成法を利用した標準ペプチド多重共発現系の開発と定量プロテオミクスへの応用, 2018年
  • (国際学会発表)
    High-speed recovery workflow for electrophoretically separated proteins in polyacrylamide gels and its applications to mass spectrometry
    Takemori A, Harman VM, Brownridge P, Loo JA, Loo RRO, Beynon RJ, Takemori N
    17th Human Proteome Organization World Congress, September 30-October 3, 2018, Orlando, Florida, USA
  • (国際学会発表)
    A multiplexed co-synthesis system for stable isotope-labeled peptide standards using wheat germ cell-free synthesis and its application to quantitative proteomics (JPrOS Award Lecture)
    N Takemori
    Mass Spectrometry and Proteomics 2018, May 17, 2018, Osaka
  • (邦文総説)
    コムギ無細胞合成法を利用した標準ペプチド多重共発現系の開発と定量プロテオミクスへの応用
    武森信暁
    Proteome Letters, 2018; 3:23-30
  • (著書)
    がん転移学(下)
    今村健志、齋藤卓、川上良介
    初版, , 日本臨牀社, , 2017年
  • (著書)
    次世代がん治療〜発症・転移メカニズムからがん免疫療法・ウイルス療法、診断法まで〜
    今村健志、齋藤卓
    初版, , NTS inc., , 2017年
  • (英文原著)
    DANFIN functions as an inhibitor of transcription factor NF-κB and potentiates the antitumor effect of bortezomib in multiple myeloma.
    Uematsu A, Kido K, Manabe E, Takeda H, Takahashi H, Hayashi M, Imai Y, Sawasaki T.
    Biochem Biophys Res Commun. , 2018; 495:2289-2295
    DOI:10.1016/j.bbrc.2017.12.142

先頭前の20件次の20件最終