研究資料のダウンロードはこちらから

研究業績

検索 (検索条件を入力、または選択をして、検索ボタンを押してください)


タイトル・著者名で検索できます
研究部門 (下記より複数選択可)




681〜700件表示(全体2031件)

  • (国内学会発表)
    ありのままを見る無染色イメージング技術
    大嶋佑介
    日本女子大学バイオイメージングセンター シンポジウム2017, 2017, 12月16日, 日本女子大学
  • (国内学会発表)
    ラマン顕微鏡を用いた骨粗鬆症モデルマウスの骨質の計測
    石丸泰光、大嶋佑介、今井祐記、飯村忠浩、日野和典、三浦裕正
    第32回日本整形外科学会基礎学術集会, 2017, 10月26日, 沖縄コンベンションセンター
  • (国内学会発表)
    ラマン分光・イメージングによる骨粗鬆症モデルの骨質評価
    大嶋佑介,石丸泰光,三浦裕正,今井祐記,飯村忠浩
    第37回日本骨形態計測学会シンポジウム, 2017, 6月23日, 大阪国際会議場
  • (著書)
    愛媛医学
    今村健志・審良太郎・明比麻由・下山佳織・古賀繁宏・渡部祐司・清松悠・三浦裕正・山本晋・日浅陽一・齋藤卓
    第36巻, , 愛媛医学会, , 2017年
  • (国際学会発表)
    In vivo cancer imaging by advanced multi-photon laser excitation microscopy
    今村健志
    TGFβ meeting, September 1, 2017, The Uppsala Biomedical Centre(Uppsala, Sweden)
  • (邦文総説)
    マウス生体深部蛍光イメージング
    今村健志、齋藤卓
    生体の科学, 2017; 第68巻第5号:402-403
  • (国際学会発表)
    Evaluation of bone quality in osteoporosis model mice by Raman spectroscopy
    Yasumitsu Ishimaru, Yusuke Oshima, Yuuki Imai, Tadahiro Iimura, Sota Takanezawa, Kazunori Hino, Hiromasa Miura
    Biomedical Imaging and Sensing Conference '17, February 21, 2017, Yokohama
  • (国際学会発表)
    Raman spectroscopy for cancer detection and characterization in metastasis models
    Shigehiro Koga, Yusuke Oshima, Mitsunori Sato, Kei Ishimaru, Motohira Yoshida, Yuji Yamamoto, Yusuke Matsuno, Yuji Watanabe
    SPIE Photonics West 2017, February 1, 2017, San Francisco
  • (国際学会発表)
    Label-free characterization of articular cartilage in osteoarthritis model mice by Raman spectroscopy
    Yusuke Oshima, Mayu Akehi, Hiroshi Kiyomatsu, Hiromasa Miura
    SPIE Photonics West 2017, January 29, 2017, San Francisco
  • (英文原著)
    Altered gene expression of RNF34 and PACAP possibly involved in mechanism of exercise-induced analgesia for neuropathic pain in rats
    Shintaro Yamaoka, Yusuke Oshima, Hideki Horiuchi, Tadao Morino, Masayuki Hino, Hiromasa Miura, Tadanori Ogata
    International Journal of Molecular Sciences, 2017; 18(9):1962
    DOI:10.3390/ijms18091962
  • (英文原著)
    Bisphenol A Inhibits Cell Proliferation and Reduces the Motile Potential of Murine LM8 Osteosarcoma Cells
    Teruki Kidani, Rie Yasuda, Joji Miyawaki, Yusuke Oshima, Hiromasa Miura and Hiroshi Masuno
    Anticancer Research, 2017; 37(4):1711-1722
    DOI:10.21873/anticancers.11503
  • (国内学会発表)
    コムギ無細胞系を活用した植物チロシンキナーゼTAGKの発見と新しいジベレリン応答制御機構の同定
    澤崎達也
    第22回 東京大学生物生産工学研究センターシンポジウム, 2017, 10月11日, 東京都文京区
  • (競争的外部資金)
    新規C型肝炎ウイルス侵入阻害剤開発に向けた創薬基盤研究
    深澤 征義
    AMED 感染症実用化研究事業(肝炎等克服実用化研究事業), 2015年度
  • (競争的外部資金)
    コムギ無細胞合成系による蛋白質生産支援・高親和抗体構築技術開発
    澤崎達也
    文部科学省創薬等支援技術基盤プラットフォーム事業, 2012年度
  • (国内学会発表)
    無細胞プロテオミクス
    澤崎達也、高橋宏隆
    2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017), 2017, 12月6〜9日, 神戸市
  • (国内学会発表)
    コムギ無細胞系を基盤とした新規タグ-抗体システムと薬剤探索技術の開発
    澤崎達也
    岩手生物工学研究センター第237回公開セミナー, 2017, 7月7日, 北上市
  • (国内学会発表)
    無細胞プロテインアレイを用いたタンパク質の生化学的ビックデータ
    澤崎達也
    第56回 数理医学研究会, 2017, 5月18日, 豊中市
  • (国内学会発表)
    Phos-tag®: 生化学的および細胞内タンパク質のリン酸化解析のため最適ツール
    根本 圭一郎、澤崎 達也
    第68回日本電気泳動学会総会, 2017, 11月24〜25日, 広島市
  • (国内学会発表)
    コムギ無細胞タンパク質合成法の植物産業への利用
    野澤彰
    Protein Island Matsuyama 2017産学官交流会, 2017, 11月16日, 松山市
  • (科学研究費)
    コムギ無細胞系とNGS技術を融合したドチザメナノボディ選抜・構築技術の開発
    澤崎達也
    基盤研究B, 2016年度

先頭前の20件次の20件最終