研究資料のダウンロードはこちらから

研究業績

検索 (検索条件を入力、または選択をして、検索ボタンを押してください)


タイトル・著者名で検索できます
研究部門 (下記より複数選択可)




1621〜1636件表示(全体1636件)

  • (国内学会発表)
    グリオーマ幹細胞の性状解析
    近藤 亨
    千里ライフサイエンスセミナー「臨床に繋がる癌幹細胞研究」, 2009, 8月25日, 大阪
  • (国内学会発表)
    Cancer stem cellと標的分子
    近藤 亨
    第13回日本がん分子標的治療学会総会 , 2009, 6月24〜26日, 徳島
  • (邦文総説)
    細胞運動観察法
    矢野 元、佐邊 壽孝
    実験医学別冊 改訂培養細胞実験ハンドブック, 2009; 1:172-176
  • (国際学会発表)
    Dependency and independency of glioma cell invasions on Arf6 which is an essential factor for breast cancer cell invasion.
    Hajime Yano, Anna Smirkin, Akihiro Inoue, Tomoki Kokeguchi, Hiasaaki Takahashi, Takanori Ohnnishi and Junya Tanaka
    36th International Congress of Physiological Science (IUPS 2009), July 27- August 1, 2009, Kyoto
  • (国際学会発表)
    Disruption of LIM-Kinase 2 modulates hippocampal neurodegeneration by regulating ER-calcium release
    Takahashi H, Funakoshi H, Tanaka J, Nakamura T
    36th Congress of the International Union of Physiological Sciences, July 27-August 1, 2009, Kyoto
  • (科学研究費)
    グリオブラストーマ治療抵抗性における腫瘍幹細胞の関与と幹細胞性維持機構の解明
    高橋寿明
    若手研究(B), 2009年度
  • (国際学会発表)
    Inner nuclear membrane targeting of membrane-anchored growth factors and transcriptional regulation
    Shigeki Higashiyama
    Gordon Research Conference “Signal Transduction within the Nucleus”, March 29-April 3, 2009, Ventura, California, USA
  • (国際学会発表)
    Nuclear signaling of membrane-anchored growth factors and cell growth regulation
    Shigeki Higashiyama
    International Symposium “New Frontiers in Cancer Research”, March 18, 2009, Sapporo, Hokkaido
  • (科学研究費)
    野生型マウスゲノムに由来する膠原病抑制遺伝子の同定
    能勢眞人
    基盤研究B, 2009年度
  • (邦文総説)
    モデルマウスから学ぶ血管炎のゲノム的仕組み
    能勢眞人、小森浩章
    J Jpm Coll Angiol., 2009; 49:11-16
  • (邦文総説)
    関節リウマチの滑膜増殖制御の新展開―マイクロアレーによる制御遺伝子の探索―
    鎌田一億、有田典正、椿崇仁、宮崎龍彦、藤野貴広、能勢眞人
    臨床と研究, 2009; 86:686-692
  • (国内学会発表)
    オステオポンチン蛋白多型による樹状細胞抗原提示能修飾の新たなメカニズム
    宮崎龍彦、田中ゆき、小野栄夫、能勢眞人
    第98回日本病理学会総会, 2009, 5月1〜3日, 京都市
  • (著書)
    抗加齢ドックの実際〜動脈硬化と闘うために
    三木哲郎、小原克彦、伊賀瀬道也、田原康玄
    東京, メジカルビュー社, 156頁, 2009年
  • (国内学会発表)
    糖尿病感受性遺伝子の日本人における交差妥当性の検証と長期縦断ゲノム疫学研究による新規糖尿病発症との相関解析
    田原康玄、大澤春彦、川本龍一、大沼 裕、清水一紀、越智正昭、西田 亙、高田康徳、藤井靖久、三木哲郎、小原克彦、牧野英一
    弟52回日本糖尿病学会年次学術集会, 2009, 5月21〜24日, 大阪
  • (国際学会発表)
    Postprandial hypotension is associated with asymptomatic cerebrovascular damage in community-dwelling elderly
    Tabara Y, Igase M, Nagai T, Kido T, Ochi N, Uetani E, Miki T, Kohara K
    XIXth IAGG World Congress of Gerontology and Geriatrics, July 5-9, 2009, Paris
  • (科学研究費)
    抗加齢ドック受診者を対象とした循環器疾患の発症に関する長期縦断疫学研究
    田原康玄
    基盤研究B, 2009年度

先頭前の20件|次の20件|最終