マラリア研究部門

研究概要

マラリアは薬剤耐性原虫の出現により対策が難渋しているため,ワクチン・新たな診断及び治療薬の開発が切望されています。

マラリアタンパク質合成に優れるコムギ無細胞タンパク質合成法の優位性を最大限活用して,マラリア原虫及びヒト赤血球のゲノムワイドなプロテインアレイを作製しそれを基盤にハイスループット分子探索システムを確立しました。

それを用いて,マラリア原虫が赤血球へ侵入する際のタンパク質間相互作用の網羅的解析,並びにワクチン候補及び創薬標的タンパク質の同定を行い,新たなマラリアワクチン・診断・治療法の開発への基盤構築を目指しています。

スタッフ紹介

氏名 研究テーマ
坪井 敬文(部門長) マラリアワクチンの基礎研究
高島 英造 マラリア原虫の宿主細胞侵入機構の生化学
森田 将之 マラリア原虫の宿主細胞寄生機構