生体超分子研究部門

研究概要

生命の維持には,複数のタンパク質が有機分子や無機分子,核酸などを結合して巨大な複合体を形成し,一連の化学反応を協調的に進行させることが必須です。 このような生体超分子の巧妙な仕組みを分子レベルでの機能や原子レベルでの構造を明らかにしたり,構成分子間での反応制御の観点から理解することが可能になりつつあります。

本部門では,生命活動の基盤となるエネルギー変換と恒常性維持に関わる生体超分子についてタンパク質,および,コファクターとの構造機能相関を原子レベルで明らかにすることにより,効率のよい人工システムへの応用の基盤となる新たな知見をもたらすことを目指しています。

また無細胞タンパク質合成技術を利用した学習教材と学習プログラムに関する研究開発を行い,次世代の生命科学分野の人材育成を目指しています。

スタッフ紹介

氏名 研究テーマ
林 秀則(部門長) 熱ショックタンパク質と高温ストレス応答の解析
杉浦 美羽 光合成電子伝達に関わる超複合体タンパク質による高効率な水の
酸化機構とエネルギー変換機構の解明