プロテオミクス研究部門

研究概要

生命現象をタンパク質レベルで理解するためには,生体に発現するタンパク質の総体(プロテオーム)を把握することが必須です。プロテオミクスと呼ばれるこの研究分野は,ゲノム情報の整備とソフトイオン化質量分析法の開発が技術的なブレイクスルーとなり急速な発展を遂げました。

本部門では,愛媛発のコムギ無細胞合成技術を駆使して,質量分析を用いたタンパク質定量の内部標準となる安定同位体標識タンパク質のハイスループット合成基盤を確立し,ヒトやモデル高等真核生物を対象とする世界的に類を見ない内部標準ライブラリの構築をおこないます。

さらに構築したライブラリと超高感度質量分析システムを組み合わせた,愛媛独自の絶対定量プロテオーム解析システムを開発し,システム生物学研究やバイオマーカー研究へと展開します。

スタッフ紹介

氏名 研究テーマ
野並 浩 (兼) プレッシャープローブを活用した1細胞質量分析
武森 信暁(兼) コムギ無細胞合成法を用いた絶対定量プロテオミクス研究

連携講座・研究センター