バイオイメージング部門

研究概要

本部門では,顕微鏡技術革新とその生物医学的応用展開を目指した研究を進めています。まず,独自に開発した2光子励起顕微鏡を応用することで,世界トップレベルの生体深部イメージングを確立・展開しています。また,2光子励起顕微鏡のみならずラマン分光法等の非線形光学を駆使した生体無染色イメージング技術とそのトランスレーショナル・リサーチを行っています。画像情報からのデータ抽出や解析のための,高度な数理解析技術の確立も重要な研究テーマです。

超解像顕微鏡の応用や新規の機能的生細胞イメージング法の開発を通じて,PROS各分野との連携のもと,骨代謝や免疫,感染症研究等への応用展開も行っています。

スタッフ紹介

氏名 研究テーマ
飯村 忠浩 (部門長)(兼) 超解像等新規イメージング法の生物医学的応用
今村 健志(兼) 新規蛍光イメージングシステムの開発とその臨床応用展開
李 智媛 機能的生細胞イメージングの新規開発と応用
大嶋 佑介(兼) 非線形光学イメージングの新規開発と応用
齋藤 卓 (兼) 画像の数理解析と数理モデリングによる生物医学的解析