TOPICS詳細

TOPICS一覧へ戻る

研究 

2019年02月14日(木)

プロテオサイエンスセンターがマヒドン大学熱帯医学部(タイ王国)との学術交流協定を更新しました【平成31年2月9日】

平成31年2月9日、本学プロテオサイエンスセンターとタイ王国のマヒドン大学熱帯医学部は、両機関の学術の交流と協力関係を一層促進するため、平成26年2月に締結された学術交流協定を更新しました。

プロテオサイエンスセンターのマラリア研究部門および寄生病原体学部門において実施してきたマラリア研究は、実験室内での研究を流行地にフィードバックしつつ、有機的に発展させてきました。平成26年2月、マヒドン大学熱帯医学部と学術交流協定を締結し、タイ王国におけるマラリアの戦略的国際共同研究を一層発展させてきました。その結果、世界に先駆けて新規三日熱マラリアの診断やワクチン開発につながる多くの研究成果が上がりました。共同研究の更なる発展のためには本交流協定の継続が必須であり、その必要性についてマヒドン大学熱帯医学部長のPratap Singhasivanon博士との合意が得られ、平成31年2月9日に学術交流協定を更新しました。



協定書

  • 協定書

    協定書