TOPICS詳細

TOPICS一覧へ戻る

研究 無細胞生命科学部門

2020年09月23日(水)

細胞内での標的タンパク質機能解析に適した新たなケミカルノックダウンシステムを開発

− 迅速かつ可逆的な標的タンパク質の発現量制御が可能 −

 このたび、愛媛大学プロテオサイエンスセンター 山中聡士特定研究員、愛媛大学大学院理工学研究科博士前期課程1年 庄屋祐希さん、愛媛大学プロテオサイエンスセンター 澤崎達也教授、関西医科大学附属生命医学研究所 福田尚代助教、名古屋工業大学大学院工学研究科 柴田哲男教授らの研究グループは、細胞内標的タンパク質の機能解析に利用可能な新たなケミカルノックダウンシステムの開発に成功しました。

 細胞内の標的タンパク質の存在量を制御することは、生体内におけるタンパク質の働きを知るための強力な解析手法です。本研究では、低分子薬剤であるサリドマイドやその誘導体の処理によって細胞内の標的タンパク質分解を誘発する短いアミノ酸タグ配列S4Dタグの開発を行いました。S4Dシステムは、低分子薬剤依存的に標的タンパク質の発現量を迅速且つ可逆的に変化させることが可能であり、標的タンパク質を詳細に解析できることから大いに注目されています。S4Dシステムの開発により、タンパク質研究への大きな貢献が期待できます。

 この研究成果に関する論文は、2020年9月18日付けでCommunications Biology誌に掲載されました。


Communications Biology誌はこちら

プレスリリース資料はこちら

  • SALL4分解タグによるIMiD依存的な標的タンパク質の分解

    SALL4分解タグによるIMiD依存的な標的タンパク質の分解