TOPICS詳細

TOPICS一覧へ戻る

学会・セミナー 

2014年03月01日(土)

第1回PROS学術シンポジウムを開催しました。

3月1日、「がん研究―新たな治療戦略に向けて」と題して第1回PROS学術シンポジウム、難病のプロテオ医学研究2014を開催致しました。本シンポジウムでは、PROSの重点研究領域の一つ「がん研究」に焦点を当て、学内外から国際的に高名ながん研究者の方々をお招きして、お話しいただきました。 皆様のご来場心よりお礼申し上げます。

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。記。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

【講 演】
「プロテオサイエンスセンターでのがん研究の取り組み」
愛媛大学 プロテオサイエンスセンター 細胞増殖・腫瘍制御部門 東山 繁樹

「白血病幹細胞を標的とした免疫遺伝子治療のトランスレーショナルリサーチ」
愛媛大学大学院医学系研究科 血液・免疫・感染症内科学講座 安川 正貴

「上皮管腔組織形成とその異常によるがん」
大阪大学大学院医学系研究科 分子病態生化学 菊池 章  

「胃発がんにおけるピロリ菌がんタンパク質CagAの役割」
東京大学大学院医学系研究科 微生物学分野 畠山 昌則

「転写因子NF-kBの活性制御機構とその破綻によるがんの悪性化」
東京大学医科学研究所 癌細胞増殖部門 分子発癌分野
疾患プロテオミクスラボラトリー  井上 純一郎

「慢性炎症反応による消化管腫瘍の発生および浸潤誘導機構」
金沢大学がん進展制御研究所 腫瘍遺伝学研究分野 大島 正伸

◆特別講演◆
「がんの浸潤・転移におけるシグナル伝達と細胞接着の機能と作用機構」
神戸大学大学院医学研究科 生化学・分子生物学講座 高井 義美