TOPICS詳細

TOPICS一覧へ戻る

学会・セミナー 無細胞生命科学部門

2014年04月21日(月)18:00〜19:00医学部 基礎第1講義室(総合教育棟2F)

PROSセミナー&大学院特別講義を開催しました

このたび、プロテオサイエンスセンター無細胞生命科学部門主催のPROSセミナーを開催しました。

皆様のご来場心よりお礼申し上げます。
・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・・。・

【演題・演者】
 「ゲノム解析による疾患の原因と病態の解明:
パーソナルゲノム時代の疾患研究の現状と問題点」
独立行政法人 理化学研究所
統合生命医科学研究センター・骨関節疾患研究チーム
    チームリーダー 池川志郎 先生
・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・

 パーソナルゲノム時代です。ゲノム解析により疾患の原因に効果的にアプローチする事が可能になりました。私の研究室では、日常の臨床を出発点に、骨・関節疾患の解明に取り組んできました。ヒトとマウスなどのモデル動物、単一遺伝子病と多因子遺伝病を統合して解析することにより効率的に疾患の遺伝子を同定し、これをもとに分子病態を解明し、治療に繋げようとしています。本講演では自経験例を中心に過去の遺伝子同定の過程を振り返ると共に、今後の疾患研究の方向性を聴衆の皆さんと共に考えてみたいと思います。